カートを見る ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

たおやか Taoyaka

CHACHANOMA Taoyaka

たおやか Taoyaka

価格:

3,456円 (税込)

購入数:

在庫

茶茶の間の玉露
『たおやか』
CHACHANOMA Wagen

● 品種:おくみどり ● 採取:ハサミ ● 産地:京都府相楽郡和束町 ● 茶種:玉露
● Tea cultivars:Yabukita ● Picking:Machine picking ● Tea grown region:Kyoto ● Type:Gyokuro


『茶茶の間らしい 香りよい玉露』
茶茶の間らしい香りのよい玉露で、重厚な甘みにグラッシーなお茶の香りを楽しむことが出来るお茶です。有機栽培をすることでお茶の香りが引き立ち、しっかりとした甘みがありつつもバランスのよい味わいになりました。甘いお茶の中でも口の中でしっかりと残る旨味を楽しみたいときにお勧めです。キレのある渋みもあるため、スッキリとした味わいにもなり、心地よい後味と余韻につながります。


『伝統的な宇治茶の産地「和束」』
京都南部にある和束町は古くからお茶の産地として栄え、現在も宇治茶の4割ほどを生産しています。鎌倉時代には茶を植えた伝承があり、四方を山に囲まれ傾斜地が多く霧がかかりやすいため、香りがよいお茶が出来る土地です。
「たをやか」は川に向かって緩やかに広がる斜面に広がる畑で作られており、南西にある山の峰によって適度に光が遮られ、山から吹き下ろす風が心地よい畑です。比較的広い畑で、濃い緑色をした畝状の畑が広がっています。春にゆっくりと芽がでる晩生の品種『おくみどり』は春先の寒さが厳しい和束の土地との相性がよい品種で、多く育てられています。青々しいグラッシーな香りと味わいが特徴で、玉露だけでなく抹茶に仕立てられることもあります。


『奥行きのある新緑の香り』
被覆したことで水分が多く扱いが難しい新芽を丁寧に製茶することで、しっかりと撚られた葉はお湯の中でゆっくりと開いていきます。お湯をさすと濃い緑色をした柔らかな茶葉が広がり、少し緑がかった黄金色のお茶になります。ほのかに香ばしい懐かしさのある香り、森林を思わせるような奥行きのある新緑の香り、そして玉露のしっかりとした甘み、渋み。
「おくみどり」の野草を思わせるようなグラッシーな青々しい香りに、玉露の製造工程によるしっとりとした海産物を思わせる香りが重なり合い、森林を想起する奥行きのある新緑の香り、みずみずしい若葉の香り、お茶の力強い印象へと連なります。熟成させたことでお茶のフレッシュな香りがより引き立ち、香りが洗練されました。


『濃厚な旨み、澄んだ香り 個性豊かな玉露』
力強い香りに負けないしっかりとした味わいも玉露の愉しみです。低温でじっくりと淹れた一口目はまさに甘露という言葉に相応しい甘い味わいが口の中に広がります。甘みの上を爽やかに駆け抜けるような上品な澄んだお茶の香りが感じられます。
茶葉が開いていくことで香味が変化します。お茶の甘みの奥からグラッシーでしっとりとした濃厚な味わいが膨らみます。有機栽培で育てることによって後に残るようなえぐみはなく、スッキリとした印象で、心地よい余韻につながります。渋みも強すぎることがなく、とてもバランスの良い味わいがあるために熱湯で淹れても美味しく楽しむことが出来るお茶です。

はじめはお茶のうまみを楽しみ、開いていく茶葉の香りを感じ、最後にはお茶の引き締まった渋みと重厚な味わいを楽しむことが出来る、そんな味わいの変化も楽しいお茶です。


『朝の一杯に』
雑味がないため、しっかりとした玉露らしさを楽しみながらも、ごくごくと飲むことができます。バターとの相性がよいので、パンに合わせて朝の一杯にもおすすめ。様々な機会に楽しむことができる上質な玉露です。



ページトップへ